美容室スタイリストの給料形態

美容師の給料形態はどうなっているの?アシスタントとスタイリストの給与の差はどれくらい? - 美容室スタイリストの給料形態

美容室スタイリストの給料形態

美容師の仕事がどんなに好きでも、給料が低くて生活していくのが大変だと、意欲も失われていってしまうのではないでしょうか?
美容師として生涯やっていけるのかを検討するために、当サイトでは、その給料形態がどうなっているのかを中心に紹介します。
納得のいく美容室求人を選ぶ参考にしていただければ幸いです。

アシスタント時代の月給はどのくらいか?

美容師を目指す人々がまず立ちはだかる壁は、アシスタントとして低賃金、重労働で働くという試練です。
アシスタント時代は、月給が手取りで10万円〜20万円にしかならないのが実情です。
どの地域の美容室に勤めているかによって、給料は多少前後してきます。
たとえば、都市部の有名なサロンでは手取り12〜13万円しかもらえない一方で、個人が小規模で経営している地方の美容室では平均で15〜16万円と少し高い傾向があります。
ただし、個人経営の美容室では特に社会保険などの手厚い保証が無いので、実質的には厳しいところです。
アシスタントの給料がなぜこんなに低いのかといえば、お店にとっては技術の低いうちは利益から人件費が出しにくいからです。
また、研修や講習、美容器材などの費用が大きく引かれてしまうのも一因になっています。
数年アシスタントとして働いても給料は伸びにくいですが、技術の上達次第では若いうちから頭角を現し、昇給が狙えるチャンスなのです。
良くも悪くも、実力しだいで給料が左右されやすいので、人によってはそれがやる気につながるでしょう。
少しでもお給料に差を付けたいなら、商品の営業販売でわずかでも実績アップを狙う方法もあります。
そのためには、スタイリストとして必要な技術と同時に、営業トークも磨いておくとより有利になるでしょう。
技術一本では美容師にとって生き残るのが厳しい時代、他に付加価値を身に付けておくのはこれから欠かせなくなるでしょう。

スタイリストになってからの給料は?

スタイリストになると、ようやく基本給が20万円を超えてくるようになります。
ただし、美容室へのお客の入り具合によっては不安定さは未だにあります。
アシスタント時代よりもずっと生活が楽になるとは限らず、しばらくは昇給を目指して努力を重ねなければならないでしょう。
スタイリストが昇給を狙うには、カリスマとされるトップスタイリストや、オーナーなどの役職を目指していきます。
また、どのお店を選ぶかによって、給料や福利厚生も大きく左右されてきます。
基本給の低さを補うには、ボーナスの支給制度があるか?社会保険はあるか?などの点もチェックしておきたいですね。

オーナー・店長クラスの給料は?

美容室のオーナー・幹部クラス、独立開業にまで進むと、月給は平均で30万円〜50万円くらいになってきます。
年収でいうと、300万円〜1000万円クラスまでいますが、この差はお店の知名度・人気度合によります。
お店が軌道に乗れば、雇われスタイリスト時代よりも高収入が期待できますが、実際は借金を抱えて潰れていくお店も少なくありません。

まとめ

bgrtrys
他の職業よりも重労働の割に低賃金が目立つ美容師のお仕事ですが、それにも負けずやりがいを持って働いている人は沢山います。
それだけ、仕事へのプロ意識・真剣度が試される世界とも言えるでしょう。
当サイトでは、美容師の生活を少しでも向上するための求人の探し方や昇給の狙い方、厳しいアシスタント時代を乗り越え、やりがいを持って働くコツなどをアドバイスしていきます。

Copyright(C)2016美容室スタイリストの給料形態All Rights Reserved.